日本の教育は、自己満足!スピリチュアル

教育」/「自己満足」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

日本の「教育」は、「自己満足」!「スピリチュアル」

日本の「教育」は、「自己満足」!「スピリチュアル」から見るとその傾向が見えてきます。本来、社会とは他者が喜ぶことを支える姿がなくてはならず「自己満足」ばかりに意識が高い大人を増やすことになっている事でもあるでしょう。

日本の「教育」は、「教刷術」と言われる「教育方法」だと言われる場合もありまして、この「教育方法」は中世の「産業革命」と変わらない教育内容でもあるのです。

子供の頭を白い紙に例え、いかにきれいに印刷ができるかで点数で評価する内容であり、自分自身で考える力、他者と違う個性のある考え、積極的に学ぶ気持ちも弱くなりがちになります。

日本の「教育」は、「自己満足」!「スピリチュアル」

日本の「教育」は、「自己満足」!「スピリチュアル」

子供が点数を取る事に対する「自己満足」である姿は、理解できると思われますが、先生自身の「自己満足」の姿も見えてくるものでもあるのです。

小学校と中学校では、話が変わってくるかもしれませんが、先生方自身の持ち合わせている「価値観」を子供に与える中での「自己満足」の姿もありますよね。

当たり前だと思われるかもしれませんが、決して当たり前ではなく、日本よりも学力が高いとされている「北欧」では、小学校において好きな内容を学ばさせる強要しない授業スタイルで行っているのです。

そして、年齢を問わず様々な子供がで入りする環境であり、学びたい内容は年上から学ぶこともありまして、「自発性」や「能動的」な気持ちが高まりやすくなっています。

それに比べれば、日本の「教育」は、先生方自身に対しても「自己満足」による内容として見えてこないでしょうか。

日本の「教育」は、「自己満足」、「霊格が低い」、「スピリチュアル」

日本の「教育」は、「自己満足」、「霊格が低い」、「スピリチュアル」

日本の「教育」は、「自己満足」、「霊格が低い」、「スピリチュアル」

日本の「教育」は、「自己満足」、「霊格が低い」、「スピリチュアル」から見る話として見えてきます。

魂の成長、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、「他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちになる中で「自己満足」として現れやすくなります。

全員の教育者とは言い切れませんが、特に小学校の教師になるには、大学院までいく必要性がありまして勉強一筋の人生を歩む姿も現れやすくなるでしょう。

経済活動的な社会活動を行わないで、教師になる方がほとんどであり、人との交流を体感する心からの一つ一つの「気づき」の経験が弱く「霊格が低い」先生方も現れやすくなるのです。

過去に、神戸で起きた教師が教師をいじめる事件、「霊格が低い」姿を露呈させた内容でもあったことでもあるでしょう。

日本の「教育」は、「ロボット教育」、「スピリチュアル」から見る話

日本の「教育」は、「ロボット教育」、「スピリチュアル」から見る話

日本の「教育」は、「ロボット教育」、「スピリチュアル」から見る話

日本の「教育」は、「ロボット教育」、「スピリチュアル」から見る話としてその姿も見えてきます。

現在、「ゆたぼん」と呼ばれる子供が、登校拒否を行い学校のシステムに対して疑問に思い、同じ同級生に対して「ロボットみ」たいだと発言されていた話がありました。

Yahoo!ニュースで取り上げられると、「ゆたぼん」自身、批判的なコメントが割と多くありますが「ロボット教育」と言って間違っていません。

小学校の中で、「プログラム言語」を教える授業が始まっていますが、そのプログラム言語の目的はプログラムを学ぶものではなく発想力を鍛えるための取り組みでもあるのです。

与えられたことしかできない先生、決められたことしかできない先生が、新たな発想を生み出す力など持ち合わせていないものであり、そこに自信がない先生の話が取り挙げられていました。

時代は、変化が激しい時代の始まりでもありまして、旧態以前の「教育内容」であれば変化に対応できない子供を育てるようなものであり日本は、自滅する姿も見えてきます。

社会学者の「宮台真司」さんは、現在の「日本人」の傾向として、「マスターベーション」、「自己満足」の人間が多い「日本が滅びる」話をされており、実際にその姿も現れやすくなってくるかもしれません。

 

スピリチュアル」 姉妹ブログ!お勧め記事

 

⇒ 「教育虐待 スピリチュアル」 ・「離婚 夫の性格」 ・「コロナ 収束 スピリチュアル」 ・「占い師に離婚すると言われた」 ・「夫婦喧嘩」 ・「スピリチュアルカウンセラー

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「占い師に離婚すると言われた」 ・「富士山噴火」 ・「夫婦喧嘩 離婚」・「守護霊がいない」・「人間関係 リセット症候群」 ・「霊感が強い人

 

電話占い お勧め記事

⇒ 「電話占い 当たる理由」 ・「電話占い 結果が違う 詐欺」 ・「電話占い 対面占い お勧め」 ・「守護霊 会いたい

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒  「金縛りの体験談

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

* 世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない所

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒  「千葉 霊視 口コミ」 ・「新潟 霊視 口コミ」 ・「三重 霊視 口コミ」 ・「神戸 霊視 口コミ」 ・「下関 霊視 口コミ