当たる?霊視(霊視鑑定)

当たると口コミでも高い、霊視(霊視鑑定)情報などについて

若者のテレビ離れの原因は?スピリチュアル

テレビ離れ」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

若者の「テレビ離れ」の原因は?「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」の原因は?「スピリチュアル」から見るといくつかの話が原因として挙げられます。

昭和の時代は、みんなが見ている同じテレビ番組を見なければ、共通的な話題についていけず、ほとんどの方が共通に話題が持てるテレビ番組を見ている傾向がありました。

現在は、インターネットの普及やスマートフォンの影響によって、身近に端末があるものであり、欲しい情報を従来よりも早く手にすることができる時代でもありますよね。

また、テレビの情報は、インターネットの情報に比べれば限られた情報でもあり、そこに欲しい情報がなければ若者の「テレビ離れ」も増えてくることでもあるでしょう。

また、現在は、全部とは言い切れませんが、テレビ番組もインターネットで見逃し配信をしている姿もありまして、わざわざ、時間帯になるまでテレビを見る必要性が弱まっている傾向にあります。

若者の「テレビ離れ」の原因は?「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」の原因は?「スピリチュアル」

私が生まれた当初は、もちろんインターネットの環境は存在しておらず、テレビが主な情報源でありました。そのため、様々な芸能人を見る中で、カリスマ性としての芸能人に対し魅力を感じているものでもあり、現在においても、多少その傾向が残されています。

ただし、現在の若者は、生まれた当初からインターネットの環境が既に存在しているものであり、どちらの方が価値が高いのかとすればインターネットの動画配信に興味が現れやすく、若者の中で相対的にテレビの価値が低い本能が刻まれている姿もあるかと思われます。

ラジオと同じ話であり、今後、若者の「テレビ離れ」が加速していくものだと思われます。

若者の「テレビ離れ」の原因は、「霊格」について、「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」の原因は、「霊格」について、「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」の原因は、「霊格」について、「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」の原因は、「霊格」について、「スピリチュアル」的に見えてくる考えがあります。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野が狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

公共の電波を使ったテレビ番組は、視聴率を意識する傾向がありまして、国民に無難な平均的価値の番組になりがちであり、心からの一つ一つの「気づき」も弱く、若者にとってつまらない、魂が惹きつけられない姿として現れやすくなります。

また、お年寄りの方が人口が多いものでありまして、お年寄りも楽しめる番組作りになる傾向がある中で、若者の価値観に受け入れられない姿もあるかと思われます。

若者の「テレビ離れ」、加速する可能性、「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」、加速する可能性、「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」、加速する可能性、「スピリチュアル」

若者の「テレビ離れ」、加速する可能性、「スピリチュアル」から見るとこの話も今後現れやすくなってくるかと思われます。

スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化している話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」として顕在化されやすくなるのです。

男性は心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって変化の激しい時代の始まりです。

テレビの傾向として、「男性的優位のエネルギー」による価値観の傾向がありまして、例えばNHKの相撲などが良い例であり、若者ほど「女性的優位のエネルギー」による影響を受け易く、今後、変化の激しい時代において、若者の「テレビ離れ」も増えていくことであるでしょう。

 

スピリチュアル」 姉妹ブログ お勧め!記事

 

⇒ 「対人恐怖症 スピリチュアル」 ・「赤ちゃん 霊感」 ・「モラハラ夫 スピリチュアル」 ・「潜在意識 書き換え」 ・「よく道を聞かれる」 ・「守護霊がいない

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「スピリチュアル 家庭崩壊」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「騙される人 スピリチュアル」 ・「守護霊 鑑定」 ・「守護霊 占い

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「守護霊 目的と役割」 ・「電話占い チャネリング」 

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「守護霊 目的と役割」 ・「電話占い チャネリング

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒  「金縛りの体験談

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

* 霊視 参考記事 ⇒ 「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

* 世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない所

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「神戸 当たる 霊視」 ・「下関 当たる 霊視」 ・「愛媛 当たる 霊視」 ・「新潟 当たる 霊視」 ・「千葉 当たる 霊視