お盆は、霊感が高まる時期!スピリチュアル

お盆」/「霊感」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

「お盆」は、「霊感」が高まる時期!「スピリチュアル」

「お盆」は、「霊感」が高まる時期!「スピリチュアル」から見る話をさせていただきますが、人によっては、「お盆」と言うものは、生きている人の、慰め的な話だと思われている方もいらっしゃるでしょう。

スピリチュアル」から言えば、決して、その様な話ではなく、「お盆」には、それなりの、亡くなった人のための役割があるのです。

そして、「お盆」の時期は、多くの人々の中で、「霊感」が高まる時期でもあります。

人によっては、「お盆」の時期、いつもと、少し空気が違い、重たい空気を感じられる人もいらっしゃるかもしれません。

「お盆」は、「霊感」が高まる時期!「スピリチュアル」

「お盆」は、「霊感」が高まる時期!「スピリチュアル」

まずは、「霊感」について、「霊感」とは、誰にでもありまして、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり、「心を感じる力」です。

そして、人々の心の奥底が、全て、繋がっていまして、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっています。

霊感」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な、独特の雰囲気が伝わってくると思いますが、それが、心を感じる小さな「霊感」の働きです。

つまり、亡くなった人と言うのは、肉体を失った、心の姿の存在であり、霊的な世界は心の世界、心と深く関わっている世界でもあります。

「お盆」の役割、霊的な世界の、亡くなった人の供養、「スピリチュアル」

「お盆」の役割、霊的な世界の、亡くなった人の供養、「スピリチュアル」

「お盆」の役割、霊的な世界の、亡くなった人の供養、「スピリチュアル」

「お盆」の役割、霊的な世界の、亡くなった人に対する供養、「スピリチュアル」から見ると、この話が大きな話として存在します。

亡くなった人は、成仏されているのではないかと思われる人もいらっしゃるかもしれません。

成仏してると言えば、成仏していますが、成仏していないと言えば、成仏していません。

人は、一度、亡くなると、霊界と現実世界との中間にある「幽界」に旅立つと考えられており、そこが、現世で生きている人が意識できる、亡くなった人がいる世界でもあるのです。

その世界では、様々な内容が叶いやすい世界であり、そこで、心の気持ちが、十分に満たされると、その世界に飽きが生じ、各々の心の波長が違う、霊界に旅立つと考えられています。

亡くなった人も、様々であり、現実世界に残してきた人々が気になる場合もあれば、何かしら、現実世界に対して、未練を残している場合もあるのです。

「幽界」とは、ある程度、様々なことが叶いやすい世界でありますが、その多くが、他者を必要としない個人的な欲求であり、全てが叶える世界でもありません。

例えば、ステーキが食べたいと思えば、目の前にステーキが現れる、魔法の様な世界です。

霊的な世界で、食事が必要なのかと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、食べたいと思えば食べることも不可能ではなく、ただし、肉体的に体を通して食べるものではなく、満足感に違いがあります。

それは、夢の中で食事をしているようなものであり、肉体的な満足感が、差し引かれたような状態でありまして、食事をしても無駄の自覚が現れ、ほとんどの方が食事をする行為を辞めるとも言われているのです。

「お盆」の役割、「霊感」が高まる、亡くなった人の行動、「スピリチュアル」

「お盆」の役割、「霊感」が高まる、亡くなった人の行動、「スピリチュアル」

「お盆」の役割、「霊感」が高まる、亡くなった人の行動、「スピリチュアル」

「お盆」の役割、「霊感」が高まる、亡くなった人の行動、「スピリチュアル」から見る話をさせていただきますが、一般的に、亡くなった人の世界でも、お祭り騒ぎであると思われる人もいらっしゃるでしょう。

実際に、その様なことになっている可能性も考えられますが、実は、亡くなった人の中には、地上に降り立ち、人に憑依をして、「お盆」を楽しんでいる場合もあるのです。

例えば、盆踊り、踊っている人がトランス状態にも入りやすく、亡くなった人にとっては、憑依しやすい体質でもあります。

憑依と聞くと、怖いと思われるかもしれませんが、生きている人も様々であり、ほとんどの人が、良い心を持ち合わせているものでもありますよね。

何も、憑依される事は悪い話ではなく、良い魂に憑依されると、体が軽く、心も軽く感じる状態として現れやすくなるのです。

何かに導かれる姿も感じやすく、まるで、「シンクロニシティー」の様な偶然の一致も、「お盆」の時期には、現れやすくなります。

これは、生きている人が、亡くなった人を意識する、亡くなった人が、生きている人を意識する、磁石の様に引き合うやすくなり、魂が「シンクロ」しやすくなる特徴もあるのです。

そして、亡くなった人の抱いている、心のエネルギーが消費され、そこに満足が現れ、次の世界である「霊界」に旅立ちやすくなります。

ただ、必ず、亡くなった人が全員、「幽界」に旅立つとは限らず、霊的な世界について知っている人や、現世を、十分に満足した人の中には、「幽界」を素通りして、そのまま、霊界に旅立つ人も、少数的な話でありますが、あるとも言われているのです。

ただ、多くの方が、それほど大きな変わらない心を抱いているものであり、一般論として、「お盆」の時は、記憶にある亡くなった人が、「お盆」の日を楽しみにしているものでもあります。

 

スピリチュアル」 姉妹ブログ お勧め!記事

 

⇒ 「霊感が強い」 ・「夫婦喧嘩」 ・「毒親 頭が悪い」 ・「よく道を聞かれる」 ・「守護霊対話」 ・「スピリチュアルにはまる人は知能が低い

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「淡路島」 ・「スピリチュアルカウンセラー」 ・「霊視 当たらない」・「スピリチュアルにはまる人は知能が低い」・「守護霊対話」 ・「沖縄のユタ

 

電話占い お勧め記事

⇒ 「好きな人の気持ち」 ・「復縁」 ・「浮気の確認」 ・「電話占い 当たる確率

 

 

 * 占い ⇒ 「対面 電話占い お勧め

 * 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 * 「金縛りの意味

*世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない

 

都道府県別 当たる?霊視

⇒ 福岡「霊視」 ・下関「霊視」 ・神戸「霊視」 ・三重「霊視」 ・新潟「霊視