当たる?霊視(霊視鑑定)

当たると口コミでも高い、霊視(霊視鑑定)情報などについて

電話占いで復縁できる?スピリチュアル

電話占い」/「復縁」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

「電話占い」で「復縁」できる?「スピリチュアル」

「電話占い」で「復縁」できる?「スピリチュアル」から見る話をさせていただきますが、この話について、絶対に、「電話占い」で「復縁」できる?とは断言できません。

霊能力者の「CHIE」ちゃんのブログには、「復縁」は、難しい話をされていました。それは、お互いの波長が合わなかった中で、別れたものであり、磁石が反発する形で、別れたものであり、「心の波長」で考えれば難しいとの話でもありました。

ただ、実際の話、「復縁」に強い「占い師」の先生も存在しまして、「電話占い」で「復縁」できる、可能性は、ゼロではありません。

この話について、理解していただくために、「霊感」について知っていただく必要性があります。

「電話占い」で「復縁」できる?「スピリチュアル」

「電話占い」で「復縁」できる?「スピリチュアル」

「霊感」とは、誰にでもあり、幽霊にも心がありまして、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり、「心を感じる力」です。

そして、人々の心の奥底が、全て繋がっている考え方がありまして、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっています。

「霊感」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思いますが、それが、心を感じる小さな「霊感」の働きです。

電話占い」に限らず、「復縁」に強い占い師とは、相談者の心を、増幅させ、相手の、潜在意識に届け、その気持ちを伝える役割、力でもあります。

不思議な魔法の力で、「復縁」がされる訳ではありません。生霊飛ばすと言う言葉がありますが、それと似たような話です。

電話占い」で「復縁」できるか、それは、相談者の心の思い、お互い付き合っていた思い出、別れた原因、様々な力が影響与えてくるため、必ず、「復縁」が可能とも言い切れません。

「電話占い」で「復縁」ができる?男性心理と女性心理の違い、「スピリチュアル」

「電話占い」で「復縁」ができる?男性心理と女性心理の違い、「スピリチュアル」

「電話占い」で「復縁」ができる?男性心理と女性心理の違い、「スピリチュアル」

「電話占い」で「復縁」ができる?「男性心理」と「女性心理」の違い、「スピリチュアル」から見る話を知っておくのも良いでしょう。

もしかすると、これが原因によって、別れた可能性もあり、そこに気づきが現れれば、心に変化も現れるかもしれません。

「男性心理」と「女性心理」の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が、磁石のように引き合うやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に、自分の趣味や仕事と女性も意識したい、両方の気持ちが現れやすくなります。

女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちも現れやすく、また、意識される自分の「心」に対しても意識が高まりやすくなるのです。

電話占い」で、「復縁」を求める人の傾向として、男性でもある話でありますが、女性に現れやすく、女性に向けての話として話をさせていただきます。

男性に、不満を与えた中で、別れる原因となったものであり、男性の、意識したい、何かしらの別の内容に不満を与えた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

無理に独占したり、束縛したり、女性に現れやすくなる話です。

「電話占い」、お勧めの先生は、「スピリチュアル」

「電話占い」、お勧めの先生は、「スピリチュアル」

「電話占い」、お勧めの先生は、「スピリチュアル」

「電話占い」、お勧めの先生は、「スピリチュアル」から見る話として、実際の所、よく分かりません。

電話占い」の先生にも、得意分野があり、未来を見通すことに力を長けている先生もいれば、悩み事の改善の策に対して、アドバイスが長けている先生もいるためです。

電話占い」には、悩み事のジャンル分けがされている場合もありまして、そこで、「復縁」に対し得意な先生を探されると良いでしょう。

どうしても、見つからない場合は、「守護霊対話」の先生に、相談されるのもお勧めですが、「電話占い」において、必ず、「復縁」ができるとも限りません。

「守護霊」は、相手の心の内も見ているものであり、相談者の心の様子も、具体的に把握されている場合もあります。

別れる原因が何か、傾向として、この場合は、相談者に原因がある場合もよくあり、そこに「気づき」を得て、改善する気持ちがあるとするならば、もしかすると、相手の「守護霊」が、「復縁」に対し、手伝ってくれるかもしれません。

ただし、「守護霊」は、「魂の成長」を導いている存在でもあり、お互いの関係が卒業し、次のステップが待っている場合、新たな出会いが待ち受けている可能性もあり、「復縁」を進める事はなく、断ち切る場合もあります。

復縁」の場合は、相談者の心次第であり、ただ自分の欲を満たしたい相談者もいれば、相手の心を満たしたい相談者もいまして、後者であれば、相手の潜在意識に、生霊として届き、「復縁」ができる可能性も少なからず高まると思われます。

電話占い」に所属されている、占い師の先生は、サポーターであり、この気持ちも、大切として挙げられる事でもあるでしょう。

 

スピリチュアル」 姉妹ブログ お勧め!記事

 

⇒ 「電話占い 守護霊対話」 ・「霊視 外れた」 ・「霊感タロット」 ・「二極化」 ・「転職の決断」 ・「人間関係の悩み 霊視

 

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「スピリチュアルカウンセラー」 ・「2022年 予言 スピリチュアル」 ・「赤ちゃん 笑っている」 ・「占い師になるには 独学 」 ・「ママ友 ストレス」 ・「電話占い お勧め 守護霊対話 

 

電話占い お勧め記事

⇒ 「電話占い 好きな人の気持ち」 ・「電話占い 嫁姑の悩み」 ・「電話占い 人間関係の悩み」 ・「電話占い 当たる確率

 

 * 占い ⇒ 「対面 電話占い お勧め

 * 霊視 参考記事 ⇒「何も言わなくても霊視で電話占いの先生

 *「金縛り スピリチュアル

*世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない

 

都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「福岡」 ・「下関 」 ・「神戸」 ・「三重」 ・「新潟