心理学とスピリチュアルの違い

心理学」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

「心理学」と「スピリチュアル」の違い

「心理学」と「スピリチュアル」の違いは、お互い、心に携わる話であり、似たような内容だと思われるかもしれません。

確かに、私自身、「心理学」の知識をある程度持ち合わせていまして、「スピリチュアル」による知識もあり、お互い「心」を携わる内容でありまして、「心理学」の知識を持ち合わせている人が、「スピリチュアル」に興味を抱かれている人もいらっしゃいます。

霊能力者の「江原啓之」さんが出演されていた番組の中に、精神科医と弁護士だったかどうか忘れましたが、一緒に共演している番組が過去にありました。

心理学」の中でも、考え方に違いがあり、学問の中で、最も、分野が広い学問だと思われます。

なぜならば、人が心を持ち合わせている存在であり、人に携わる内容が全て、「心理学」として扱える話でもあるためです。

「心理学」と「スピリチュアル」の違い

「心理学」と「スピリチュアル」の違い

例えば、子供がアニメを見て影響受ける、その分野における、「心理学」なども考えることができるでしょう。

人が、インターネットを使う状況、これも、「心理学」として扱える話でもありますよね。

心理学」は、主に2つの系統に分かれていまして、心そのものを扱う分野、例えば、「深層心理学」、「犯罪心理学」などの学問と、人を機械とみなし、そこから現れる、心について扱う分野の心理学などもあります。代表的な内容で言えば、「認知心理学」が挙げられるでしょう。

認知心理学」においては、例えば、どの様に物質を認識しているのか、どのように色を認識してるのか、などの考え方になります。

なぜ、人は、恋をするかなど、心から扱っただけの見方もあれば、「認知心理学」的に扱った考え方もあり、「心理学」と言っても、その考えに、違いが現れる場合もあるのです。

「心理学」と「スピリチュアル」の違い、大きな違い、魂の成長

「心理学」と「スピリチュアル」の違い、大きな違い、魂の成長

「心理学」と「スピリチュアル」の違い、大きな違い、魂の成長

「心理学」と「スピリチュアル」の違い、大きな違い、それは「魂の成長」による大きな違いがあります。

心理学」は、どちらかと言えば、まだ発見していない内容を追求したり、心のマイナス的な負担を取り除き、健全な心を求める傾向があります。

心理学」は、「魂の成長」について、それほど重要視していません。

スピリチュアル」が大切にしている「魂の成長」、このブログで何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの気づきです。

「霊格」が高まれば、精神的な存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

つまり、「スピリチュアル」では、精神的に「大人」になることに対し、大切にしている考え方があります。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で、「自己中心的な子供」です。

「霊格が低い」と、自然が崩壊されても、気にすることがなく、社会が崩壊しても、気にすることがなく、気にするだけではなく、「霊格が低い」ことによって、様々な内容が崩壊しやすくなるのです。

現在、精神的に言えば、子供が子供を育てている人々も増えていまして、育児放棄や、子供の虐待なども現れやすくなっています。

スピリチュアル」が大切にする、精神的に「大人」になる価値観の大切さについても、理解できるのではないでしょうか。

「心理学」を学ぶのもお勧め、「スピリチュアル」

「心理学」を学ぶのもお勧め、「スピリチュアル」

「心理学」を学ぶのもお勧め、「スピリチュアル」

「心理学」を学ぶのも、お勧めとして、「スピリチュアル」から見えてきます。

「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」と話をさせていただきました。

知識の成長については、書店などに足を運べば、その教材を手に入れることができますよね。


心からの一つ一つの「気づき」については、その必要性や、悩み事等が現れない限り、なかなか、心からの一つ一つの「気づき」に出会えることが少なくあります。

心理学」を学べば、実際に、自分自身の人生で必要性がない、心からの一つ一つの気づきにも出会いやすく、霊格が高まり、視野も広がり、精神的な意味で、物事を見る視野も広がりやすくなってきます。

私個人から、「心理学」以外にお勧めする内容、それは、様々な国の神話であり、心のエネルギーを象徴化した物語も多くあり、心についてより深く理解も広がりやすくなります。

心理学」には、ギリシャ神話などから影響受けた、「心理学」用語などもあり、全く、「心理学」から見て意味がない話でもありません。

何から、手をつければ良いのか悩まれている場合、ウィキペディアを扱い、「心理学」や「神話」について、読みふけてみるのも良いでしょう。

両方の知識があれば、より、「スピリチュアル」の考え方にも理解が高まり、精神的により大人へと歩めます。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 

 

 

スピリチュアル 姉妹ブログ お勧め!記事

 

⇒ 「ワクチン 危険 スピリチュアル」 ・「ママ友 人間関係」 ・「スピリチュアルカウンセラー」 ・「霊視 当たらない」 ・「霊感が強い芸能人の特徴は?」 ・「ゆたぼんの性格が最悪

 

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「江原啓之 2021年 予言」 ・「ゆたぼん 性格」 ・「蓮の花」 ・「ワクチン接種 スピリチュアル 」 ・「霊感が強い 芸能人」 ・「霊感が強い人

 

 * 占い ⇒ 「対面 電話占い お勧め

 * 霊視 参考記事 ⇒「何も言わなくても霊視で見てくれる電話占いの先生

 *「金縛り体験

*世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「福岡 当たる」 ・「下関 当たる 」 ・「神戸 当たる」 ・「三重 当たる」 ・「新潟 当たる