当たる?霊視(霊視鑑定)

当たると口コミでも高い、霊視(霊視鑑定)情報などについて

転職の時期は?スピリチュアルから見る

転職」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

「転職」の時期は?「スピリチュアル」から見る

「転職」の時期は?「スピリチュアル」から見る話として、これは、いくつかの考え方があります。現在、「コロナの影響」によって、「転職」しにくい時代でもありますが、「スピリチュアル」から見ると、必然的な話としての話も見えてくるのです。

「陰陽」と「スピリチュアル」は、深い関係がありまして、「陰陽」では、全ての出来事、全ての事象が、「陰陽の気」のみで成り立っていると考えられており、「スピリチュアル」の思想に通じる話も含まれているのです。

「陰陽」では、今年の「干支」が、「丑年」であり、これは、ただの「丑年」では、無く、「辛丑」と呼ばれるエネルギーが全体的に現れやすくなる年になります。

「丑」は、紐でも扱われている漢字でもあり、前に進むのが遅くても、確実に前進するエネルギーとして現れやすくなるのです。「丑年」は、コツコツと前進するのに最適なエネルギーであり、大きなチャレンジは危険を伴いやすくありますが、小さな内容であれば、このエネルギーが手助けしてくれる状況も現れやすくなるのです。

「転職」の時期は?「スピリチュアル」から見る

「転職」の時期は?「スピリチュアル」から見る

「辛」などを含めた「陰陽」は、「陰陽五行説」と言われており、様々な内容で、例えられることができますが、よく例えられているのが、植物の成長です。

「辛丑」は、種が芽を出し、まだ地の中で、地上に上がろうとしている状態になります。そこには、石などの、動きを邪魔する弊害があり、前進することに対して「辛い」状況も現れやすくなります。

絶対的な話ではありませんが、この様な時期は、「スピリチュアル」から見ると「転職」するのがあまり望ましくない時代であり、現に、「コロナの影響」によって、仕事を失った方が100万人位いる話も目にします。

「転職」の時期は、「スピリチュアル」、「霊格の成長」

「転職」の時期は、「スピリチュアル」、「霊格の成長」

「転職」の時期は、「スピリチュアル」、「霊格の成長」

「転職」の時期は、「スピリチュアル」から見ると、「霊格の成長」がポイントとして挙げられます。

ブログでは、「魂の成長」として何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの気づき、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきです。

霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

霊格が低い」とは、逆に、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分、物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」です。

転職」の時期、職場の働く人々の様子、精神的に「子供」だと思われる状況が現れたとするならば、自分自身の「霊格」が高まった可能性もあり、その職場は卒業として、次のステップの新たな職場が用意されやすくなります。

この状況においては、「転職」る際に、卒業したような気持ちも現れやすく、幼稚園生が小学1年生に上がるように、希望やワクワクとした状況も現れやすくなるのです。

この話も、ついでに、しておいた方が良いかもしれません。「霊感」とは、誰にでもあり、幽霊にも心がありまして、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力です。

そして、人々の心の奥底が全て繋がってる話もありまして、その先はこの世界である霊的な世界とも繋がっています。

絶対的な話でありませんが、「霊格が高い」と、面接時に、存在力が高い様に映りやすく、また、潜在的に視野が広いようにも見られやすくなりまして、採用される可能性も高まりやすくなるのです。

こ様な考え方もあるかもしれません。面接時、採用されない状況、面接官自身が「霊格」が低く、心に対する意識も弱く、「霊格が低い」中で、会社として問題を抱えやすい会社である可能性の話になります。

「転職」の時期、「スピリチュアル」から見る、失敗の話

「転職」の時期、「スピリチュアル」から見る、失敗の話

「転職」の時期、「スピリチュアル」から見る、失敗の話

「転職」の時、「スピリチュアル」から見ると別の見方として、不自然な出来事としての失敗の話も少なからずあります。

霊能力者の「江原啓之」さんの番組に、何度も「転職」をしても、そこで、才能がないや、理不尽の言葉が投げかけられる相談者がいまして、「江原啓之」さんの話の中で、先祖が邪魔をしており、先祖が、料理人になって欲しいと話をされている話がありました。

霊能力者の「江原啓之」さんの話によれば、これは稀な話であり、人によっては仕事が嫌だから辞めたい人もいる中で、それとこれとは別の話と話もされています。

転職」の時期、「スピリチュアル」から見る話として、今までの職場の空気、自分に対する空気が180度変わるような出来事、これは、「転職」の時期のサインとして現れている場合もあるのです。

人が生まれてくる目的、それは「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの気づき、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきです。

この、気づきに意識を持ち合わせている人は、次の段階としてのステージが用意されやすくありますが、この点に意識がない、「転職」の話は、似た様な職場との出会いも現れやすく、この点について意識を持ち合わせておく必要性もあるでしょう。

これらの話は、絶対的な話ではないため、気になる場合は、一度、「守護霊対話」のある先生に相談を行い、参考になる情報を個人的に求められるのもお勧めとして挙げられます。

 

スピリチュアル7」 姉妹ブログ お勧め!記事

⇒ 「転職 決断」 ・「霊感が強い 芸能人」 ・「ワクチン スピリチュアル」 ・「守護霊がいない」 ・「嫁姑 うまくいかない」 ・「守護霊対話

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com

 

 * 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 *「金縛り体験 スピリチュアル

 

都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「仙台 当たる 霊視」 ・「新潟 当たる 霊視 」 ・「愛媛 当たる 霊視」 ・「静岡 当たる 霊視」 ・「大阪 当たる 霊視