当たる?霊視(霊視鑑定)

当たると口コミでも高い、霊視(霊視鑑定)情報などについて

占い!なぜ?当たる!統計学では無い

占い 当たる/統計学(主.キーワード関連記事)

占い!なぜ?当たる!統計学では無い

占い!なぜ?当たる!の話は、よく言われる話として、占いは統計学と言う言葉もあるのではないでしょうか。占いにも様々な占いがあり、統計学的な占いもあるため、それを見て判断した方は、そう思われてしまうのも致し方がない話かもしれません。

占い!なぜ?当たるの話は、先に、統計学的な占いから話をさせていただきたいと思います。統計学的な占いと言えば、四柱推命などの占いが有名ですが、統計学的と言う人の中には、少し勘違いされてる方もいらっしゃるかと思われます。

四柱推命などの占いを、統計学的な占いと言う方が、集めたデータに基づいて、それを組み立てた話だと思われているのではないでしょうか。実際の統計学の学問においても、データを集めてから分析し、その傾向を判断する話でもありますよね。

占い!なぜ?当たるは、統計学では無い

占い!なぜ?当たるは、統計学では無い

四柱推命などの占いは、東洋思想から発生したものであり、東洋思想では、全ての出来事、事象は、陰陽の気の組み合わせで成り立っていると考えられているのです。この説明も理解しにくく、陰の小さなブロックと陽の小さなブロックを組み合わせて、成り立っていると言った方が分かりやすいかもしれません。

統計学は、集めてきたデータを山として、それを分けて分析する傾向にあるでしょう。四柱推命などの占いは、逆の発想であり、小さな陰陽のエネルギーを組み合わせて、成り立っている話でありまして、そこには、東洋思想ならではの法則も存在します。

ここではその話は致しませんが、全ての気は、陰陽で成り立っているため、それと、人が生まれて持つ、エネルギーについて、体系付けられている内容を手に合わせれば、その内容が、占いとして、当たる話でもあるのです。

しかしながら、様々な陰陽の影響与える環境因子が考慮されていないため、未来がどのように確実に起きる当たる占いには弱く、基本的な本能が持つ性格など、その運命の傾向によって占う話になります。この傾向だけで言えば、統計学と言われても致し方がない話かもしれません。

占い!なぜ?当たる話は、高次元の存在の力によって当たる

占い!なぜ?当たるは、高次元の力

占い!なぜ?当たるは、高次元の力

占い!なぜ?当たる話は、本人だけの力だけで、未来を当てている訳ではありません。高次元の存在が、占い師を扱って、操り当てている話でもあるのです。

訪れていない未来が、なぜ当たるのかは、様々な説があり、科学的に証明できませんが、ある次元は、3次元に対して、過去と現在、未来が同時に存在する次元があるとも言われており、その次元に魂を移動させれば、3次元の、過去や現在、未来の姿が把握できる考え方などもあります。

違う話においての、占い!未来がなぜ当たるかの話は、高次元の存在は、私達の精神が成長した、未来の存在との考え方もあるのです。

様々な実際に経験した未来の存在であるため、その経験は、これから私達が起きる未来の経験でもあり、高次元の存在はこれから起きることを知っている話から、その内容を伺い、占いが当たる仕組みになる考え方になります。

これは現実世界において、2年生が3年生に上がった場合、1年生が2年生に上がった場合、上がった3年生はこれから始まる2年生の、授業内容について知っている話と似たような話になるのです。

実際に、この話は、私達の力では、確実な内容として証明、確認することはできないでしょう。なぜならば、私達は、小学2年生の存在であり、小学3年生にならない限り、その環境について知れないのと同じです。

では、なぜ、私がこの話について知っているのかの疑問も現れてくるのではないでしょうか。これは私自身が考えている話ではなく、霊能力者の方などが、メッセージを伺う中で、その知識を得ている話でもあります。

ただ、この説明は一人歩きをしており、誰が何を言ったのか、しっかりと残されておらず、占い、当たる説明は、どれが本当なのか実際には分かりません。違う説では、種には、成長する情報が含まれているものであり、この地球にも、既に未来へと成長させるための情報がどこかに存在する考え方をする人もいるのです。

占い!当たる話は、それほど大きな意味はない

占い!当たる話は、大きな意味は無い!

占い!当たる話は、大きな意味は無い!

占いが当たる話は、実際の話として、それほど大きな意味はありません。一般的に、相談者の多くが、占いの当たる姿だけを求め、それだけで終わっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

占いが当たる力とは、当てることによって、伝える言葉に価値を置いてもらい、自分自身の心の成長に繋げてもらう目的などもあるのです。

また、不思議な力は、霊的な世界があるとも思われやすくなり、亡くなった後、死を受け入れ、霊的な世界に旅立つ意思も芽生えやすくなるでしょう。

あくまでも傾向として、当たる占い師に導かれやすい相談者は、心の気づきを受け入れる人が導かれやすい傾向にあり、ただ、当たる力だけにしか興味がない人は、導かれにくい様にも思われます。

ただ、この場合は、占い師に相談した際に、心の気づきに価値がないとしても、後に、気づかされる場合もあり、必ず、占い師に相談した時点での話ではありません。

高次元の存在は、人々に最も望んでいる話として、精神的な成長を求められている話もありまして、それは親が子供の精神的な成長を願うのと同じ話です。

占い、当たる話を強く求めるられるのも、分からない話でもなく、不思議な内容について、実体験したい気持ちも、心からの成長による思いからの話でもあるでしょう。

霊能力者の江原啓之さんは、当初、霊視で当たる姿を披露して、人々に関心を持ってもらい、その後、個人的なカウンセリングは辞めまして、人の精神的なあり方を人々に伝える話にシフトを変えられました。

この内容は、高次元からの計画でもあり、高次元側の行っている目的なども、この様子から見えてくるのではないでしょうか。占いが当たる話は大切でありますが、それだけに意識を奪われるのではなく、伝えてくるメッセージに価値を置くのも大切な心構えでもあります。

 

当たる 占い お勧め!関連記事

なぜ?占いが当たる

 

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com