当たる?霊視(霊視鑑定)

当たると口コミでも高い、霊視(霊視鑑定)情報などについて

いじめや不登校の悩み相談!霊視と守護霊対話もお勧め

いじめ/不登校/霊視/守護霊対話(主.キーワード関連記事)

いじめや不登校の悩み相談!霊視と守護霊対話もお勧め

いじめや不登校の悩みの相談は、霊視と守護霊対話の力のある先生に相談されるのもお勧めの1つです。

いじめや不登校の悩みの相談の中には、子供が本音を隠し続けている場合もありまして、その気持ちについて知れる可能性も霊視と守護霊対話の中には、力が発揮できる場合もあります。

いじめや不登校の悩みの相談を、霊視と守護霊対話の力のある先生に相談する前に、この話について知っておくのも良いでしょう。

いじめや不登校の話の多くが、自分自身の存在感と大きく関わっている話なども存在します。過去の心理学者であるフロイトは、1人が睡眠を取るにしても、食事を取るにしても、用を足すにしても、そこには多少なりとも快感が生じるものであり、それを快感原則と名づけました。

いじめ、不登校は、霊視と守護霊対話で

いじめ、不登校は、霊視と守護霊対話で

つまり、快感=存在力といっても過言ではなく、逆に言えば、いじめや不登校の原因は、学校で快感が感じられない話でもあるのです。

いじめを行っている方は、いじめによって快感を得て、自身の存在力を感じている話でもあるのです。

そして、自分の存在感の喪失は、自分自身の存在感の危機でもあり、とてつもないストレスを感じやすくなります。

外部の環境が自分自身にとって、危険な内容だと本能が働きやすくなり、いじめが原因での不登校の話に繋がってしまいやすくなるのです。

これは正常な人でも、自宅の周りに狼に囲まれているような内容でもあり、いじめでもなくても不登校の気持ちが理解できるのではないでしょうか。

現在、コロナウィルスの社会的な問題があり、自宅自粛が全国に要請されています。仮に近所に、感染者が多く現れたと話を聞けば、自分自身の存在感の危機から、不登校のように引きこもりのような姿にもなってしまうでしょう。

霊視と守護霊対話の内容、いじめや不登校の話の内容について

霊視と守護霊対話で、いじめや不登校の質問内容は?

霊視と守護霊対話で、いじめや不登校の質問内容は?

霊視と守護霊対話によって、いじめや不登校の話の相談をされる場合は、予め尋ねておくべきことを考えておくのも無難です。

霊視と守護霊対話のある先生によっては、結果として確認はできても、対応についてもしかすると弱い先生もいるかもしれないためです。

まず大前提として、いじめや不登校に遭っている子供の、現在の気持ちについて、しっかりと教えてもらうのも大切です。

子供の中には、親に言っても無駄であると考えている子供もいれば、親に負担を与えたくない気持ちを抱えている子供もいれば、完全に、いじめについて意識したくない気持ちがあり、学校を思い出したくない子供もいます。

次に聞いておいた方が良いのは、いじめが起きる原因です。必ず、加害者から起こした話とも言い切れず、相手に対して不愉快な気持ちを与えてしまい、それが原因でいじめが起きている場合もあります。

女の子の中では、男性と楽しく会話をし、それに不満を感じる他の女の子が、いじめを起こしている可能性もあるでしょう。

この話についても知っておくと良いかもしれません。このブログでは何度も話をさせていただいていますが、男性は意識されたいよりも意識したい気持ちが強く、女性は意識したいよりも意識されたい気持ちが強く、本来であれば、この異なっなった異性の心は磁石の様に引き合いやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

そして男性は意識したい気持ちが満たされた時に、存在感が現れやすく、女性は意識されたい気持ちが満たされた時に、存在感が強く現れやすくなります。

男性がいじめをするのは、意識して楽しむ様子です。女性がいじめをするのは、シカトなど、意識されない人を作り出し、相対的に自分自身の価値を高め、意識されるだけの価値のある思いを満たすためにいじめが起こりやすくなるのです。

この話を知っていれば、霊視と守護霊対話のある先生に相談された場合、先生からの言葉について、よりよく理解できるようになるでしょう。

いじめや不登校の悩み、霊視と守護霊対話のある先生がなぜ?お勧めなのか

いじめや不登校の悩み!なぜ?守護霊対話?

いじめや不登校の悩み!なぜ?守護霊対話?

いじめや不登校の悩み、霊視と守護霊対話のある先生がお勧めな理由は、霊視の能力をあまりご存じのない方にとって、全て同じ内容だと思われる人もいるのではないでしょうか。

霊視の能力も様々であり、ただ見えて自分自身で解釈しなければならない場合もあれば、未来に対する結果としての霊視の能力に長けている先生もいまして、必ずカウンセリング的な力を持ち合わせているとは限りません。

守護霊は、心の抱えている気持ちのみならず、具体的に何を考えているのか、知りつくしてる場合もよくあるためです。

また、守護霊対話は、先生にとって、ただの伝言伝えではありません。

様々な相談者からの、様々な守護霊から話を伺う中で、先生方自身の経験や解決策等の知識なども高まりやすく、少しでも改善できるアドバイスを伺いやすくなるためです。

現在、コロナウィルスの社会的問題によって、多くの学校が休校で、ほとんどの多くの子供たちが自宅で待機しています。

いじめが起きるのは自分自身の存在力を求めて、いじめが起きやすくなります。子供の自粛は、子供自身自分たちの存在感が失いやすく、何かとストレスを抱えている可能性もあり、学校が再開するといじめが割と多く増えるかもしれません。

考えられる話としては、いじめられる対象に対してコロナと呼び、みんなから避けられるいじめが、起きるのではないかと思われます。

私からのアドバイスとして、いじめや不登校の悩みは、違うページでも話をさせていただいていますが、男の子は、意識して楽しめる存在力を高める趣味などを始めさせること、女の子は意識されるように、料理の腕を磨いたり、ファッションなどの興味を持たせるなどの対策をお勧めします。

また、霊視と守護霊対話のある先生に相談される際の多くが、自分自身の守護霊が導いている場合もあり、衝動的に相談したいと気持ちが高まる様な先生に相談されるのも、先生探しのお勧め方法として挙げられます。

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 

 

 

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com