霊視での疲れは?疲れている状況を知る事もできるの?

霊視/疲れ(主.キーワード関連記事)

霊視での疲れは?疲れている状況を知る事もできるの?

霊視での疲れは、霊視での力を使う先生自身の疲れと、実際に人の様子を見る疲れがあるのではないでしょうか。この両方の話をさせてもらう目的として、心について、深く知ってもらう意味として、この両方の話をさせていただこうかと思いました。

霊視での疲れは、先に先生方自身が抱く内容として話をさせていただきたいと思います。霊視の力を使っている状況は、高い集中力を必要とします。自分自身の意思で見ているのではなく、その多くが霊的な世界から映像が送られてくる話であり、波長を合わせなければなりません。

高次元にいる霊的な世界の存在は、波長が強すぎるため、自分自身の波長を落としながらメッセージを出していると言われています。これを分かりやすくイメージすれば、幼児と会話をするに当たって、自分自身の精神レベルを落として会話をする様なイメージです。

霊視の疲れ、先生の疲れ

霊視の疲れ、先生の疲れ

人間の世界では容易かもしれませんが、波長があまりにも違い、落としたとしても、それでも人間には高い内容でもあるのです。先生方は、まるで、背伸びをして手を伸ばして受け取る様なイメージであり、精神的な疲労も現れやすくなります。

人には、自分には必要がない異物が入ってくると、排除する生理反応もあるでしょう。これは肉体のみならず、精神的にも引き起こされやすくなり、その状況を受け取りながら、メッセージを受け取ろうとしているのです。

分りやすいイメージかどうかわかりませんが、足元に虫が沸いている状況において、それを気にせずに背を伸ばして受け取ってる様なイメージです。平均台の上に立って、背伸びをしてる様なイメージと言えば、こちらの方が分りやすいかもしれません。

天から地上に手を伸ばし、地上から天に手を伸ばして受け取っている姿です。

霊的な話に影響のあるシルバーバーチの霊訓によれば、高級霊霊媒者の負担を減らすために、目的が達成すれば直ぐに切り離す話などもされています。

霊視での疲れは、精神的エネルギーの枯渇でもあり、子供時代、たくさん泣いて、何も起こすことができない気力を経験された人もいるのではないでしょうか。

また、高級霊などが届ける内容は映像のみとは、限らず、第三者の心の状態まで伝えてくる場合もあります。味わいたくない心情なども含まれている場合もあり、心の疲れについて理解できる話でもあるでしょう。例えば、人の恨みや妬み、人を嫌っている様な心情など、物理的においても関わりたくない人もいますよね。

霊視での疲れてる状況を知る話は、心の世界

霊視の疲れは、心の世界を知って

霊視の疲れは、心の世界を知って

霊視での疲れてる状況を知る話は、霊感について、押さえておかなければなりません。霊感と聞くと、どの様に思われるでしょうか?

幽霊を見たり、神々からメッセージを受け取ったり、直感が働きやすくなったり、一般の人には持ち合わせていない特別な能力と思われてる人がほとんどでしょう。

霊能力者の江原啓之さんは、誰にでも霊感はあり、幽霊にも心があるため、霊感とは心を感じる力でもあるのです。

人のオーラには、個人的な情報も含まれている話もあり、オーラとは心の現われでもあるため、様々なものが心と付随しています。例えば、コップを握れば、その人の心の念が込められる話などです。

私達の心の奥底は、全て繋がっている話などもあり、更に奥底は霊的な世界と繋がっている話もあるのです。心理学では、集合的無意識と呼ばれる話などもありますが、物理的な世界ではなく、心の世界でもあります。

これを分かりやすくイメージすれば、人々は海の上でポカポカと浮いているものであり、海に浸かっている内容が潜在意識であり、海を通して、様々な世界とも繋がっている話です。亡くなった人とは、近くの層にいる魚のような存在であり、浮遊霊は、現世に顔を出す、トビウオの様な存在なのかもしれません。

もっとも海の奥底に存在するものは、もしかすれば、生きている人も亡くなった人も見れる位置にいる可能性も考えられます。

先にも言いましたが、霊感とは心を感じる力であり、霊視の内容も、心に大きな影響があるのです。

テレビでも流れてるような霊視の番組、その多くが日常的な様子ではなく、心に何かしら特別な内容がある話でもあるでしょう。

霊視の能力を発揮する際、物理的に毎日の映像を確認していれば、時間がかかり、効率的ではありませんよね。

霊視での疲れの状況の確認は、絶対的な話ではない

霊視での疲れの確認は、絶対的では無い

霊視での疲れの確認は、絶対的では無い

霊視での疲れの状況の確認は、あくまでも、霊的な世界、あの世が心の世界である話として、それが可能である話です。

霊視の種類も様々であり、先生によっては、もしかすると、未来の心を感じるのに長けていても、人の疲れの心を感じる能力が弱い先生もいるかもしれません。

魚で言えば、目の付き方によって見える範囲にも違いがあり、必ず、上にいる人々を見ることができるとも限らない話と同じです。

霊感は、心を感じる力であり、人によってその感じる力の量にも違いがありますよね。他人の心が分から人もいれば、周りの空気を読んで、対応できるのとの違いもあるはずです。

そもそも、相談内容として、人の疲れの状況の確認をしてもらう相談自体が、少ないものであり、必ず絶対とは言い切れません。

しかしながら、私事として、守護霊対話能力のある先生に初めて相談してもらった際に、あなた最近ものすごいストレスを抱えたでしょう。と、言い当てられた話もあり、電話占いに所属する守護霊対話の力のある先生から、あなた、この間、心の状態を言い当てる様な○○○をしたでしょう。と言われた話もあり、もしかすると守護霊対話能力のある先生は、霊視での疲れの状況について、知る事も可能なのかもしれません。

守護霊は、直接、心の状況も見ているものであり、守護霊から直接、伺えば、見えなくても知れる話でもあるでしょうか。

初めて霊視を受けた際、あなたのお父さん、お金に困っていると言われた話もあり、疲れている状況を知れる可能性も考えられます。

ただし、人の疲れている状況も様々であり、よくある話としての仕事に疲れた、など軽い内容においては、実際の話、分りません。ただ、相談者が求められる内容は、その内容ではなく、深い話としての疲れている状況でもあり、特別な内容について知れる可能性も十分あると思われます。

 

黄金の蝶
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、霊能力者の江原啓之さんと同じ能力を持つ、守護霊対話能力のある先生です。守護霊対話能力は、対面では、ほとんど会う事が困難であり、あまり力を持つ先生が少なくあるのです。

霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトで対応されいます。電話占いにおいても、能力者の数も少なく、貴重な力のある先生です。

口コミにおいては、見えているなどの言葉を参考にされるのもお勧めであります。実際に見えていない先生方の中には、タロットやチャネリングで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。過去の霊感占い師の先生が、言葉を霊視と言葉を置き換えている傾向もあり、本当の霊視による能力の違いについて押さえておくのもお勧めです。

 f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 霊視(霊視鑑定)による守護霊対話能力先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから<

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com